薬剤師としてコールセンターで業務した経験

薬剤師としてコールセンターで働いた経験

薬剤師として働いてかなり長く経ちますが、コールセンターで薬剤師として働いた経験があります。
コールセンターでは薬剤師の需要がけっこうあるもので、薬剤師ならではのスキルや知識などを求められるのが特徴の仕事です。
この仕事は初めて努めた調剤薬局を辞めたあとに見つけた転職先でしたが、友人からもコールセンターの仕事は割が良いことは効いていました。
コールセンターの仕事と聞くと辛そうに思えますが、実はかなり簡単なことも魅力的でした。
何より当時は調剤薬局の変な人間関係が嫌になって、他の職場で働きたかったこともこの職場を選んだ理由です。
職場は東京のオフィスで、数十人もスタッフが詰まっているような職場でした。
かといってむさ苦しいといったこともなく、気さくな雰囲気があった不思議な職場でした。
努めている人も専門スタッフばかりではなく、通常のスタッフさんもおり色々な人と知り合えたことも利点です。
仕事内容は調剤に関する専門家ならではの意見を電話をかけてきた人に丁寧に伝えるというもので、専門家ならではの見識が生きる良い仕事です。
通常のスタッフが調剤について突っ込んだ内容を聞かれた際に電話が自分のデスクにまで回されてくるのがルーチンで、「かなり複雑な内容を聞かれたら専門スタッフに電話を回す」のがルールになっていました。

薬剤師としてコールセンターで働いた経験薬剤の専門スタッフとして働くコールセンターの薬剤師案件は時給がよい